インプラントのような治療は専門家で受けよう|理想とする歯をゲット

歯の治療

部分的に行なう

歯科

歯は成長することで様々な物を食べられるようになります。ですが、歯の成長がしっかりとできない場合は歯並びが悪くなってしまう可能性もあるのです。歯並びが悪い人の中には、コンプレックスとして抱えている人もいます。そのため、多くの人が歯並びを綺麗にするために矯正歯科を利用する傾向にあります。また、矯正歯科には種類があり、種類によって矯正歯科の施術範囲が変わる傾向にあります。例えば、歯並びを行なう範囲が広い場合は「全顎矯正」と言われる方法を行ないます。歯並びを整えるところが部分的な人の場合は「部分矯正」と言われる施術をします。このように、矯正歯科には種類があるため初めて利用する人はそれぞれの得られるメリットについて調べることが大切です。

全顎矯正を利用する人は部分矯正よりも多い傾向にあります。全顎矯正は、全体の歯を整えることができるため一気に悪い歯並びを整えることが可能です。ですが、全顎矯正の場合は矯正のために使う固定源(アンカー)の数が多いため、周りに矯正歯科を利用していることが気づかれる可能性も高いです。

部分矯正の場合は、矯正が必要な歯が数本程度の場合に利用ができます。部分的に矯正を行なうため、部分矯正で使う固定源(アンカー)の数は少なめです。そのため、矯正歯科を利用していることを周りに気づかれる可能性は低い傾向にあります。更に、固定源(アンカー)の数が少ないため全顎矯正と比べても出費する費用が少ない傾向にあります。このように受ける施術によって得られるメリットが変わるため、「歯並びを整えられるならどれでもいい」などの考え方で治療を受けることは避けることが賢明な判断と言えます。

Topへ戻る