需要の高まり

自分たちの理想を住宅に反映させられるとして、注文住宅が今密かに人気を集めています。そんな注文住宅も、家が完成するまで専門業者がサポートします。

注文住宅VS建売を比較してみた

注文住宅

一から家を作るので、デザインからなにまで自分たちで行なうことになります。そのため、入居まで時間もかかりますが、理想の家が作れる点は一戸建てと大きく違います。

建売

建売の場合は、すでに間取りが出来上がっている状態なのですぐ入居できるのが大きなメリットです。また中古物件であれば、破格の値段で購入できるでしょう。

これだけは知っておきたい注文住宅のアレコレ

一軒家

今話題の注文住宅とは?

理想をそのまま家に反映させるのが注文住宅の大きな強みです。また作り方においては、フルオーダー住宅、セミオーダー住宅があり後者は基本仕様が決まっている上で住宅設備や壁の色を決めていきます。そのため、一からデザインするのが苦手な方も、注文住宅で家を建てることができます。

つみきの家

気になるメリット

自由度が高く、世界に一つしかない家を自分のものにできるのが大きなメリットです。建築段階で自分でチェックができるので、いつ見学にくるのか?といったプレッシャーを業者に与えることができます。これにより、欠陥住宅を防ぐことが可能です。

模型

唯一のデメリット

理想を形にできる一方で、こだわりが強い分予算オーバーになることがしばしばあります。最悪、一戸建てを購入するより高くなる可能性もあります。

設計図

業者に相談が一番!

注文住宅や一戸建てをゲットするにしても、まずは専門業者に相談することが先でしょう。特に注文住宅は雰囲気やデザインが合う担当者じゃないと思い通りに仕上がらないことがあります。そのため、パートナー選びには力を入れるべきでしょう。また一戸建ての場合は、値段、立地、環境を元に探すといい物件と出会えます。

よく考えよう

将来ずっと住む場所になるかもしれないので、すぐに決めず注文住宅や一戸建ての特徴やメリットを知って、家族と共にしっかり話し合うことが大切です。そうすれば答えは見えてくるでしょう。